SFアクション

メン・イン・ブラック

上映日:2012 時間:105分

メン・イン・ブラックを動画を無料で見る方法

それぞれの動画ポータルサイトで映画「メン・イン・ブラック」を探してみました。   基本的に予告動画や、特報動画が多いです、本編の動画がアップされてれることもあります。
※閲覧には注意してください。  広告をクリックして怪しいサイトに誘導されれる場合があります。

youtube  Dailymotion  Pandora MioMio

お探しの動画が見つからない場合は、下記の方法もお試しください。

メン・イン・ブラックが無料視聴できる動画配信サービス

今すぐメン・イン・ブラックの動画フルを無料でご覧になるには!
\無料は今だけ!ココなら今すぐ見れる/
今!人気の動画配信サービスを利用すればメン・イン・ブラックを簡単にご覧いただくことができますよ。

お試しで1ヶ月無料で利用することができるところが多いです。
しかも、最初にもらえるポイントを新作などの有料作品に使えるので
タダで最新の映画作品を見ることもできます!

知らない人は損しています!

こちらの配信サービスは国内大手の企業が運営しているため安心してご利用になれます。
TSUTAYA
月額933円今なら0円!
  • 無料お試し期間:30日間
  • 登録時ポイント:1080円分
  • 宅配レンタルも利用可能
TSUTAYA TVでメン・イン・ブラックの動画を見る
U-NEXT
月額1900円今なら0円!
  • 無料お試し期間:31日間
  • 登録時ポイント:600円分
  • コンテンツ数国内最大級
  • アプリあり(DL可能)
  • 電子書籍あり
U-NEXTでメン・イン・ブラックの動画を見る方法

動画配信サービスを比較してみた

それぞれのオンデマンドの比較表です、「メン・イン・ブラック」を見るにはどれがお得なのか?
自分にあったサービスをお選びください。
サービス名月額無料お試し期間登録時にもらえるP
U-NEXT1900円31日間600円分
TSUTAYA TV933円30日間1080円分

メン・イン・ブラックのDVD情報

メン・イン・ブラックを永久保存版でDVDのコレクションに追加しましょう。Amazonなら翌日届くからおススメ!
メン・イン・ブラックのDVD販売ページへ

ストーリー

エージェント“J”と“K”のコンビは今日も奇想天外なエイリアンたちを監視し、その暴走を取り締まるべく奔走していた。ある日、Jは単独で事件を追うKを不審に思い、その真相を問い詰めるも全く取り合ってもらえない。翌日、不信感を募らせたJはKを探すが、どこを探してもKの姿が無い。さらにMIBの上司からは、「Kは40年前に亡くなった」という理解不能な発言が飛び出す。混乱するJ。何者かが過去を書き換えたのか?そして、時を同じくしてエイリアンの侵略が一斉に始まり、地球は未曽有の危機に陥る―。一体、Kの身に何が起こったのか?そして、黒幕はいったい誰なのか?すべての謎を解き明かし、地球の危機を救うため、Jは40年前の世界にタイムスリップを試みる―。果たして、Jは未来を救うカギを見つけることが出来るのか?そして、過去の世界で明かされる、JとKの関係にまつわる衝撃の真実とは!?

作品情報

監督

バリー・ソネンフェルド,

キャスト

ウィル・スミス,ジョシュ・ブローリン,トミー・リー・ジョーンズ,

ジャンル


メン・イン・ブラックの動画を見た人のレビュー

30代男性
1997年に公開されたアメリカの都市伝説を元に映画化された作品で、地球に潜伏している1500種のエイリアンの活動を取り締まる秘密組織「MIB」の活動を描いた作品です。

後に缶コーヒーのCMで自分がエイリアンの方になる(笑)トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスによる豪華キャストの凸凹コンビの掛け合いと活躍は楽しく、キャストが一新された最新作でもこのバディものの要素は継続されてる事から本作がW主人公ものである事を強くアピールしていると言えます。

VFXや特殊メイクなどで表現され、劇中では多種多様なエイリアンが登場し、中には侵略目的のものもいますが、普通に庶民として生活してるものも多く、キャラクターもコミカルに描かれていて一見グロテスクに見えるデザインも段々愛着が湧いてくるから不思議です。
30代女性
とにかくUFOや宇宙人に関する都市伝説の類をおちょくりまくるコメディ映画です。いわゆるUFO事件には謎の黒い服を着た男たちが現れて、関係者に接触して様々な威圧行為をするというアメリカでは定番の話をパロディにしています。事件がどんどん加速度的に妙な方向へと膨らんでいくのもアメリカのコメディらしい展開です。主演は元刑事のJを演じるウィル・スミスという事になるのでしょうが、いい味を出しているのは今も日本のCMでおなじみトミー・リー・ジョーンズです。CMと同様に映画でも無口で、何を考えているのかよくわからない感じが面白いです。こういう映画をあの「未知との遭遇」で宇宙人とのコンタクトを真面目に描いたスティーブン・スピルバーグが製作総指揮をするというところが、もっとも壮大なパロディという感じがします。

メン・イン・ブラックの動画を見たAmazonカスタマーレビュー

30代男性
シリーズ3作目ですが、一番心当打たれました。「K」が「J」を相棒に選んだワケ。笑って、拳に力が入って、涙する…そんな作品でした。
30代女性
1が大好きで、なかなか3を観る機会がなかったのですが、primeだったので鑑賞。まさかまさかのエンディングに涙……。いつもこのシリーズは程よいコメディと、程よいブラックジョークと、カッコイイアクションと、飽きさせないテンポの良さが絶妙なバランスなんですが、この3は贅沢に感動まで混ぜ込んで下さってる……。観なきゃ損な映画。もっと早く観ておくべきでした。それにしてもジョシュ・ブローリン演じるヤングKの声が、加工ではないかと思うほどまんまトミー・リー・ジョーンズで驚きです。