麗姫と始皇帝の動画を無料視聴する方法!日本語字幕で中国ドラマを最終回まで見放題

ドラマ「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」の動画をお探しの方!このページではできるだけ簡単にコスパ良く無料で動画をフルで見る方法を紹介します。

始皇帝になる前の青年期が綴られる。核となる3人が、月に願った未来に向けて奮闘。大きく動く歴史の中で、それぞれの想いや愛情がぶつかっていく展開が切な過ぎる。

結論

麗姫と始皇帝はU-NEXTの動画配信で簡単に見ることができます。U-NEXTは国内最大級の配信サービス韓国ドラマの数も業界トップクラスです。


FODはフジテレビが運営する動画サイトで視聴可能!2週間の無料お試し期間があります。フジテレビの現在放送中の国内ドラマも見逃し配信していますよ。

\ 31日間 無料トライアルはこちら /
U-NEXTでラクラク無料視聴!
  • 初月(31日間)が無料で利用できる
  • 有料の作品も登録時に600円分のポイントもらえて無料視聴!
  • 映画や海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメなど種類も豊富
  • 人気のコミックや有名な情報誌の電子書籍が見放題!
  • いつでも解約OK!(トライアル期間中にやめれば0円)

麗姫と始皇帝の無料動画

ラビちゃん
ラビちゃん

他にも動画配信サービスを利用して無料で見る方法があるよ♪

麗姫と始皇帝~月下の誓い~の動画を1話から最終回まで配信しているサービス

人気のサービスを比較してみました。
会員登録するだけで簡単に無料視聴できますよ♪

ラビちゃん
ラビちゃん

登録時にタダでもらえるポイント有料作品も実質0円で見れるよ!

動画配信サービス 配信状況 無料期間
無料ポイント
31日間
600円Pゲット
14日間
最大900円Pゲット
30日間
30日間
1600円Pゲット
2週間
なし
14日間
1000円Pゲット
30日間
dポイント可
2週間
なし
14日間
なし
なし
なし
30日間
なし

なし
ラビちゃん
ラビちゃん

作品数が国内トップで無料期間が一番長いUNEXTがオススメです。

U-NEXTで麗姫と始皇帝を見ることをおすすめします

U-NEXTで麗姫と始皇帝~月下の誓い~が1話から最終回まで動画配信されています。

無料トライアルが31日間もあるため、約1ヵ月は他のドラマも含め韓国ドラマざんまいを満喫できますね。
いつでも止めることができますし、期間内でやめればお金がかかることはありません。

お試し期間となりますので、嫌ならやめれますし、気に入ったら継続して利用することができます。

\ 麗姫と始皇帝を今すぐ見る! /

U-NEXTで動画を今すぐ見る!

U-NEXTは初回31日間も無料で他にもこんなにお得!
  • 初月(31日間)が無料で利用できる
  • 有料の作品も登録時に600円分のポイントもらえて無料視聴!
  • 映画や海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメなど種類も豊富
  • 人気のコミックや有名な情報誌の電子書籍が見放題!
  • いつでも解約OK!(トライアル期間中にやめれば0円)
このドラマを好きな方にオススメなのはこちらのドラマです
独孤皇后~乱世に咲く花~ 皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて 扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~ 蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~ 女医明妃伝~雪の日の誓い~ 風中の縁 鳳凰伝 ~永遠(とわ)の約束~ 麗王別姫~花散る永遠の愛~

U-NEXTでは麗姫と始皇帝以外にも、他の韓国ドラマや映画、国内ドラマもたくさんコンテンツがあるので期間内に楽しめるだけ楽しみましょう!

\ 麗姫と始皇帝を今すぐ見る! /

U-NEXTで動画を今すぐ見る!

日本語字幕の対応状況

U-NEXTの麗姫と始皇帝は日本語字幕に対応しています。
吹き替え版は下記のとおりです。

日本語字幕
吹き替え
日本語字幕の対応状況
  1. 画面中央の「今すぐ31日間無料トライアル」をクリック
  2. お客様情報を入力する
  3. 無料トライアルに申し込むを選択
  4. 決済情報を入力(無料期間内でやめれば決済がされることはありません)
  5. 送信ボタンを押すと完了です(ここまで3分)
  1. メニュー内の「アカウント設定」を選択
  2. 「契約内容の確認・解約」を選択
  3. 「解約手続きはこちら」を選択
  4. 画面下にある「次へ」ボタンをクリック
  5. アンケートに答えたら「注意事項に同意」にチェックをいれ「解約ボタン」を押す
  6. 解約完了

動画投稿サイトで麗姫と始皇帝を見ることができるか調査した結果

人気の動画投稿サイト「youtube」や「ニコニコ動画」で麗姫と始皇帝~月下の誓い~を見ることができるのか調べてみました。

動画投稿サイト配信状況検索結果のページ
youtubeyoutubeの検索結果へ
ニコニコ動画ニコニコ動画の検索結果へ
動画投稿サイトの配信状況

投稿サイトは公式チャンネルなどで1話だけ無料で公開されていることが多いです。
ただ、公式ではないチャンネルの動画は違法の可能性があります。
その場合は、投稿した人もそれを見た人も法律によって罰せられるので絶対見ないようにしましょう。

動画配信サイトを使えば安全で簡単に見ることができますので、良い子のみんなは賢く無料トライアルを使って見ましょう。

動画ポータルサイトで麗姫と始皇帝を見ることができるか調査した結果

動画ポータルサイトは、時期やタイミングによって1話から最終回までアカウントの登録すらなしでドラマをみることができる場合があります。
下記のサイトは定期的に動画を無料配信していますので、まめにチェックすることで探していたドラマの動画と出会えることでしょう。
麗姫と始皇帝~月下の誓い~の動画が配信されているか、調査してみました。調査結果は下記になります。

動画ポータルサイト配信状況検索結果のページ
GYAO!GYAO!で「麗姫と始皇帝」を探す
TVerTVerで「麗姫と始皇帝」探す
動画ポータルサイトの配信状況

動画ポータルサイトで麗姫と始皇帝を見ることができなくても、動画配信サービスの無料お試しを使ってドラマを見ることができますので、こちらの配信状況からお選びください。

>>麗姫と始皇帝の動画配信の状況はこちら

BS放送やテレビで麗姫と始皇帝の見逃し配信はあるのか?

テレビのBS放送や民放の見逃し配信サイトで麗姫と始皇帝~月下の誓い~を見れないか調べてみました。

放送局見逃し配信
BS11BS11オンデマンド ✕配信なし
BS12見逃し配信はなし
BS日テレ見逃し配信はhuluに遷移
BS TBSTBS free ✕配信なし
BSフジBSフジオンデマンド ✕配信なし
麗姫と始皇帝のテレビ・BS放送での見逃し配信状況

BS放送のドラマを見逃してしまった方は、その回だけ見たい場合は手軽な方法はないのか?と思うでしょう!
そんなあなたにおすすめなのは、時間をかけて探すのなら手っ取り早く配信サービスに無料登録して3分後には見ることができます。いつでも止めることができるし、今人気のサービスを賢く利用しましょう!

麗姫と始皇帝~月下の誓い~のドラマ情報

麗姫と始皇帝~月下の誓い~のキャスト

ディリラバ
チャン・ビンビン
リー・タイ
リウ・チャン

麗姫と始皇帝~月下の誓い~のストーリー

春秋戦国時代、秦の進出を描いた史劇ラブストーリー!秦の侵攻に周辺諸国が抵抗していた紀元前240年頃、祖国である衛を追われた麗(れい)、秦の始皇帝・エイ政(えいせい)、麗の初恋相手で後に燕国の刺客として始皇帝と対峙する荊軻(けいか)を軸に、戦国時代の秦の進出を描く。

韓国ドラマ『麗姫と始皇帝~月下の誓い~』の第1話から最終回までのあらすじ

衛の濮陽(ぼくよう)統帥である公孫羽(こうそんう)は、剣客の蓋聶(こうじょう)から秦による濮陽侵攻計画を知らされる。弟子の韓申(かんしん)と荊軻(けいか)に城内の民と孫娘の公孫麗(こうそんれい)を託した公孫羽だが、秦軍との死闘の末に命を落とし、濮陽は陥落する。同じ頃、元服した秦王エイ政(えいせい)は実母である太后(たいこう)の情夫、ロウアイの謀反を制圧するも、当のロウアイは取り逃がしてしまう。そして呂不韋(りょふい)の反対を押し切り、謀反に加担した罪で母親を幽閉する。そんなエイ政は幼少の頃に出会った麗と荊軻を忘れられずにいた。

親政を開始したエイ政は、ロウアイを捕らえるため洛陽(らくよう)に出発。そこで、男装した公孫麗と荊軻と出会い意気投合する。その後、呂不韋の謀略の真相を握り、ロウアイの身柄拘束にも成功する。魯勾践(ろこうせん)を尋ねに出発しようとした矢先、荊軻は鵠落(こくらく)剣法の剣譜(けんぷ)を狙う丹頂門(たんちょうもん)一派に襲われ、魯勾践に助けられる。一方、酒場でエイ政と再会した麗は、ロウアイの残党に刺されてしまう。手当てした医師から麗が女だと聞かされたエイ政は、麗の胸元に見覚えのある玉佩(ぎょくはい)を見つける。

秦で乱が勃発。呂不韋は華陽(かよう)太后に成キョウ(せいきょう)の野心を試す機会になると説得、乱討伐のため成キョウの出陣を認めさせる。衛王府で、エイ政は麗が幼少時の命の恩人だと知る。秦王だと明かさぬままその場を去ろうとするエイ政に、その心を察した衛王は麗の肖像画を献上する。成キョウは趙の嘉太子(かたいし)から先王の遺志は自身の立太子だったこと、呂不韋の謀略により実母が殺されたことを吹き込まれ、兵を率いエイ政に王位を譲るよう迫るのだった。

エイ政は兄弟の情から成キョウを見逃し絶縁するが、離間を仕掛けた黒幕が呂不韋だと知り、憎悪を募らせる。荊軻と麗は蓋聶の娘、蘭(らん)と出会ったことから、蓋聶とも知り合う。麗と蘭は意気投合し、義姉妹の誓いを立てる。華陽太后は、エイ政が妃(きさき)たちと枕を共にしていないと知って驚き、エイ政に立后(りっこう)を勧めるが、麗を思うエイ政はお茶を濁すばかりだった。

エイ政の命令により麗の大捜索が始まり、麗と荊軻は魯勾践のもとを離れる。呂不韋の食客、李斯(りし)に自身の志を言い当てたられたエイ政は彼を大いに気に入る。その後、エイ政は母・趙姫(ちょうき)を南宮に幽閉、相国・呂不韋を罷免する。逃亡中の麗と荊軻は風林火山と出くわし、荊軻は深手を負う。偶然出会った魯勾践の友人、田光(でんこう)によると荊軻は毒にあたっており、薬を手に入れなければ7日も持たない。麗は自責の念にかられ、ある決心をする。

荊軻を救うため1人でエイ政に謁見した麗は、3か月後に入内(じゅだい)するという条件で解毒薬を手に入れる。一命を取り留めた荊軻は、養生しながら麗と穏やかな日々を過ごす。解毒薬の出どころや捕縛令が解かれたことに荊軻は疑問を抱くが、麗は真相を打ち明けることができない。約束の3か月が過ぎようとしていた頃、事情を知る田光は、荊軻に燕の剣客、高漸離(こうぜんり)を訪ねるよう勧める。その頃、秦では韓併呑を上奏した李斯が廷尉(ていい)に封じられていた。

荊軻と麗は気持ちを伝え合い、ついに結ばれるが、高漸離のもとへ発った荊軻を見送った麗は約束通り秦の王宮へ向かう。やがて帰宅し、田光から事情を告げられた荊軻は麗を追って馬で駆け出す。一方、エイ政は相国から罷免した呂不韋が他国と内通しないよう、宦官・趙高に監視を命じる。そして床入りの直前、太医(たいい)から麗がみごもっていることを告げられたエイ政は、激高し刀を抜くのだった。

エイ政は麗に刀を向けるも、やはり殺すことはできない。良人(りょうじん)に封じられた麗は、宴の席で蒙武(もうぶ)との手合わせに勝利する。しかしエイ政は、報奨として祖父の短剣を返してほしいという麗の願いをはねつける。その夜、エイ政は麗に出産を許す代償として、秦を生涯離れないと誓わせ、自身の子だと皆に思わせるため床入りを求める。しかし憎悪をあらわにする麗をどうすることもできず、景(けい)良人と情を交わすのだった。荊軻は王宮に忍び込むが、すぐに見つかり投獄されてしまう。

エイ政は麗の懐妊について疑われぬよう、夜ごと麗の寝所に通い詰める。同じ頃、荊軻は労役のため咸陽(かんよう)から移送され、侍衛として秦王宮に潜入していた韓申は麗の懐妊を知る。立后を急かす祖太后(そたいこう)に、エイ政は麗の懐妊を告げ、今は時期尚早だと答える。麗を流産させるため、祖太后と楚夫人(そふじん)は太医(に堕胎薬を調合させ、景良人に命じて堕胎薬を麗の食事に混入させる。事なきを得た麗だが、激怒したエイ政は犯人の捜索を命じる。麗は、見舞いに訪れ、優しい言葉をかける敏夫人(びんふじん)の真意を測りかねるのだった。

錯乱した太后が麗の寝所に侵入する。麗を呂不韋の女と勘違いしたのだ。欲望に溺れ堕落した太后を、エイ政は一喝する。堕胎薬の件で楚夫人に買収され、エイ政の前でも事実を隠す趙高(ちょうこう)。エイ政は激怒するが、麗の懇願で黙過することに。一方、荊軻は田光に助けられるが、麗を失った悲しみは大きく、燕に戻っても酒浸りの日々。泥酔したところを丹頂門一派に襲われるが、蓋(こう)親子に助けられる。自暴自棄になる荊軻に、蓋聶は公孫羽の昔の姿を語り始めた。

蓋聶は荊軻に秦を阻むためにも、鵠落剣法を習得せよと励ます。麗は男児を産み、天明と名付ける。韓申は麗と再会を果たし、これまでのいきさつと秦の侍衛となったことを話す。そして麗から天明が荊軻の子だと告げられ驚くのだった。秦を表敬訪問した趙王趙偃(ちょうえん)は、エイ政に燕を討つよう唆され、賛同する。祖太后から宴席に呼び出され、虐げられた麗をエイ政が救出、敏夫人は楚夫人を厳しく非難するのだった。

麗は夫人(ふじん)に昇格した。荊軻を思う麗の心に気付くエイ政は、彼女をつなぎ止めるため天明を自分の下に置くことにする。趙高は、燕の丹太子(たんたいし)に趙の燕討伐を伝え、趙燕の同盟を持ちかけるが拒否される。実は、秦は燕援護の名目で趙を討つ策略だった。趙高はこれを伝えるため趙陣営に密使を送るが、密使は李斯が雇った丹頂門に殺害される。そして趙軍は惨敗し、趙王は憤死する。一方、楚夫人は趙高を買収。翌朝、天明は行方不明となっていた。

天明の姿が消え、麗は必死で捜索する。趙高に天明をさらうよう命じた楚夫人は麗の様子を見に来る。麗は楚夫人に、強すぎる野心は身を滅ぼすと忠告し、自分は後継者争いに興味などないから、かまうなと釘を刺す。さらに、麗はエイ政に誘拐の黒幕だろうと詰め寄るが、エイ政はこれを否定する。同僚の話から、天明は南宮(なんきゅう)にいると考えた韓申は、エイ政に捜索を直訴する。韓申の予想通り、天明は南宮におり、何も知らぬ太后に天明は抱かれていた。

天明が戻り、エイ政の称賛を受ける韓申。李仲(りちゅう)に刺客だと疑われるが、麗の機転で助けられる。呂不韋は各国から相次ぐ仕官要請を黙過していた。彼の復権を恐れた李斯のざん言により、エイ政は洛陽で呂不韋を詰問するが、息子の天下統一だけを望むという言葉に心を動かしかける。その時、呂不韋が楚に仕官すると誤解した食客が祝いに駆けつけた。エイ政は激怒し、呂不韋に流刑を言い渡す。麗は韓申の導きで脱出を図るが、警備が厳しく、後ろ髪を引かれる思いで天明を置いていく。

傷心で酔い潰れていた荊軻は、高漸離と再会、手合わせを通じて励ましを受ける。韓申の手引きで王宮からの脱出に成功した麗は荊軻と再会を果たす。独り涙を流す蓋蘭に、韓申は「同士」だと慰めるのだった。同じ頃、秦王宮では麗失踪で大騒ぎとなっており、趙高は清児をはじめ、お付きの侍女たちを厳しく尋問する。一方、蜀(しょく)への流刑を言い渡された呂不韋は自害する。エイ政は冷静さを装うが、直後に麗の失踪の報せを受けると、急ぎ咸陽へと馬を走らせるのだった。

王宮を脱出したものの、麗の心は以前と違っていた。敵であるはずのエイ政をかばう麗に対し、荊軻は不満をあらわにする。麗はエイ政との子がいると嘘をつき、皆に別れを告げて王宮へ帰ってゆく。それは荊軻と天明を守り、蘭の思いを実らせるためだった。エイ政は激高する一方、麗が天明を置いて行くはずはないと思い返す。趙高はエイ政の命令で捜査を始めるが、同時に麗への報復を画策していた。祖太后と楚夫人は祖国の利を図るため、李斯の懐柔に動き出す。

荊軻は麗を失った現実を受け止めきれず、韓申に怒りをぶつける。一方、秦王宮へ帰り着いた麗をエイ政は投獄する。楚夫人から、麗の逃亡に関する一部始終を告げられた祖太后は怒りを爆発させるのだった。やがて趙高により、麗の協力者だと引き立てられた韓申は、エイ政に対して「麗をさらった」と供述する。麗は自身の代わりに投獄された韓申の様子を見に行く。同じ頃、趙高はエイ政に、韓申と麗が深い仲にあるのではと不安を煽(あお)るのだった。

韓申を訪ねたところをエイ政らに見つかり、師兄妹だと打ち明ける麗。エイ政は2人の関係を確かめるため、蒙武と手合わせさせる。拷問で弱っていた韓申は力を発揮できないが、麗の加勢で息の合った剣さばきを見せ、師兄妹であることを証明する。韓申が麗に師妹以上の思いを抱くことを見抜いたエイ政。王宮に留まり麗を守りたいという韓申の願いを一度ははねつけるが、絶対の忠誠を条件に受け入れる。酒に溺れる荊軻であったが、蓋聶に奮起を促され、剣に生きることを誓う。

剣と共に生きると決意した荊軻は、蓋蘭と共に鵠落剣法の剣譜を捜す旅に出る。同じ頃、麗の殺意を見抜いたエイ政は、天明の身柄を人質代わりに隠していると告げるのだった。麗は祖太后から祝宴で剣舞を命じられる。祝宴当日、麗は仕掛けのくす玉の中から落ちてきた真剣を手に取る。一斉に祖太后の侍衛が襲いかかる中、麗はエイ政めがけて走り寄り、背後の女刺客を倒すも、李仲に刺されてしまうのだった。

麗の傷は幸い浅く、エイ政の献身的な看病で順調に回復していた。麗は自身を陥れた者と、刺客を放った者、黒幕は2人いるとエイ政に指摘する。刺客は燕の丹太子の差し金であったが、誰も気付かない。エイ政は麗を襲った侍衛を死罪にしようとするが、麗の進言で考えを変え、楚からも兵を撤退させる。蘭と旅を続ける荊軻は、高漸離と大梁で再会し、鵠落剣法の剣譜が嵩山(すうざん)にあることを知る。エイ政は、祖太后と楚夫人に、麗を王后(おうこう)に立てると告げるのだった。

エイ政は麗を王后に立てると宣言、反対する祖太后に韓討伐に帯同させると言い、更に形見の短剣を麗に返す。エイ政は李仲に、麗を愛してしまったことで、弱点ができてしまったとつぶやくのだった。夜営地で、エイ政は麗に統一は平和をもたらすと説き、今夜はここで眠れと抱き締める。同じ頃、剣譜を探すべく嵩山へやってきた荊軻と蓋蘭は、丹頂門の夏侯央(かこうおう)から逃げる途中、穴へ落ちてしまう。

荊軻と蘭は、洞穴の中の部屋に閉じ込められる。壁には鵠落剣法の型が映し出され、剣法を習得しなければ出られない。景良人の懐妊を知った楚夫人は怒りと嫉妬を隠せず、堕胎薬入りの茶で景良人を流産させる。韓に攻め込んだエイ政は韓非(かんぴ)を迎え入れ、歓迎の宴で天下統一の真意を語る。その夜、韓非に韓長使(かんちょうし)が下賜される。重用を約束された韓非を表面上歓迎する李斯と、警戒する敏夫人であった。麗とエイ政のわだかまりは次第になくなり、2人は向かい合って眠りにつく。

朝議で韓非は趙討伐、李斯は韓討伐をそれぞれ主張する。エイ政は麗の進言に従い、将軍樊於期(はんおき)に趙討伐を命じ、秦は勝利を得る。麗はエイ政に身も心も許し、契りを結ぶ。ある日、弓の試合が開かれる。わざとエイ政に勝ちを譲った燕の丹太子は、麗にそれを見抜かれ、人質の惨めさを語るのだった。一方、荊軻は鵠落剣法を習得し、洞穴から脱出するも、待ち受けていた鮑野と夏侯央(かこうおう)に襲われる。荊軻をかばい、蓋蘭は負傷してしまう。

燕の丹太子は双六でもエイ政に勝ちを譲り、不興を買う。楚夫人から昇進の邪魔者になり得る韓非の排除を唆された李斯は、朝議で韓非が韓王と内通していると告発、韓長使に証拠となる密書を提出させる。楚夫人は韓長使に九眼瑠璃珠(きゅうがんるりじゃ)を贈り、仲間に引きずり込むのだった。同じ頃、麗は投獄された韓非を見舞い、必ず冤罪を晴らすと約束する。その夜、麗は何者かにさらわれてしまうのだった。

エイ政(えいせい)は、韓申(かんしん)と禁軍を麗(れい)の捜索に向かわせる。負傷した蓋蘭(こうらん)を手当てするため、荊軻(けいか)は田光(でんこう)の庵(いおり)を訪ねた。そこへ韓申も訪れ、図らずも麗の失踪を知ることになる。暴言を吐く荊軻を蓋蘭が諭す。犯行に及んだのは丹頂門(たんちょうもん)であった。黒幕の李斯(りし)と楚夫人(そふじん)は得意げな様子。丹頂門に乗り込んだ韓申の下に荊軻が駆けつけ、鵠落(こくらく)剣法で一味をなぎ倒す。救出に成功し、2人きりになった荊軻と麗は、思いを胸に秘めたまま、過去には戻れないことを悟るのだった。

李斯と楚夫人の昌平君(しょうへいくん)毒殺計画を察知した趙高(ちょうこう)は、その毒で韓非(かんぴ)を殺害し、その罪を2人に着せようと画策する。一方、荊軻と別れた麗はエイ政と再会、獄中の韓非のもとへ急ぐ。だが一足遅く、毒を煽(あお)った韓非は絶命、続いて同じ毒で景良人(けいりょうじん)も殺されてしまう。事態を重く見たエイ政は審理を行い、韓非に内通の濡(ぬ)れ衣を着せて陥れた罪で、李斯と楚夫人を処罰する。これにより楚夫人は良人の位へ降格されてしまう。

事件は解決したかに見えたが、麗の疑念は深まるばかり。黒幕の敏夫人(びんふじん)に気付く者はまだいない。趙との戦で秦は惨敗を喫し、将軍の樊於期(はんおき)が行方不明となる。趙の嘉公子(かこうし)の屋敷には、死んだはずの呂不韋(りょふい)の姿があった。王位奪取を狙う嘉公子にかくまわれ、献策していたのだ。エイ政は、樊於期をかばう丹太子(たんたいし)に怒りの矛先を向け、2人は口論に。帰国を望む丹太子をエイ政は軟禁する。一方、麗は丹太子に救いの手を差し伸べようとしていた。

エイ政の苦しい胸の内を知る麗は丹太子救出計画を韓申に告げ、お見舞いの名目で太子府へ向かう。ちょうどその時、盗賊に扮した田光と荊軻が屋敷を襲撃し、麗を人質にとり逃亡、混乱に乗じた田光は丹太子を救出する。麗と荊軻は再会するも、ぎこちなく言葉をかわすのみで、すぐに荊軻は丹太子と共に函谷関(かんこくかん)へ向かう。一方、丹太子が逃亡したと知ったエイ政は激怒する。葬送請負人に扮した荊軻一行は、追ってきた李仲(りちゅう)の検分を受けるのだった。

荊軻一行は禁軍を撃退し、丹太子の救出に成功した。丹太子への情から、エイ政は追跡に乗り気でない様子。天明(てんめい)を王宮に戻し、実子同様にかわいがるエイ政。麗との関係は更に深まっていた。韓非の子をみごもった韓長使(かんちょうし)は、無事に出産できるよう、麗にエイ政への口添えを懇願する。一方、楚良人(そりょうじん)は韓長使の子を引き取り、自分が産んだことにするため懐妊を装う。秦軍は李牧(りぼく)率いる趙軍に連敗。朝議で昌平君は停戦と離間を進言し、丹太子追跡を唱える李斯の意見を退ける。

李斯は夏侯央(かこうおう)と鮑野(ほうや)から、麗を救出したのは韓申ではなく荊軻であること、更に入内(じゅだい)前、麗と荊軻が恋仲だったと聞かされる。同じ頃、敏夫人は韓長使を王宮から脱出させ、趙高に韓長使の家族もろとも殺害するよう命じる。ある日、麗は太后からかつて趙王趙遷(ちょうせん)と敏夫人が恋仲だったこと、趙遷が浮気性だったことを告げられる。やがて韓長使が遺体で見つかり、楚良人は敏夫人を問い詰める。そこへ麗がやってきて、敏夫人と関わらないよう忠告するのだった。

楚良人は韓長使の死を知り、今度は流産を偽る。心を病んだ太后(たいこう)を見て、エイ政は大切な人たちが離れていく不安と成キョウ(せいきょう)への思いを麗に吐露する。蒙武(もうぶ)が献じた兵書を読み、著者の尉繚(うつりょう)を招いたエイ政。その献策に感銘を受け、尉繚を国尉(こくい)に任じる。自分を陥れたのは敏夫人ではなく麗だと決めつける楚良人。麗は敏夫人が黒幕だと気付いていたが、その裏で敏夫人は李斯を味方に引き込もうとしていた。一方、韓申は邯鄲(かんたん)にいる丹太子一行に会っていた。

春の狩りに向かう輿の中で、麗は敏夫人に韓非らの死について問いただすが、敏夫人は麗の短剣で自分を傷つけ、麗に殺されかけたと偽る。麗は敏夫人の罪状を告発するが、逆に丹太子逃亡への関与と荊軻との再会を暴露され、激怒したエイ政に投獄される。エイ政は心配で永巷(えいこう)へ様子を見に来るが、嫉妬心が邪魔をし、拷問される麗を助けることなく去る。邯鄲では、韓申と荊軻が不審者を追いかけた隙に、丹太子は丹頂門にさらわれてしまうのだった。

裏切られたと嘆くエイ政に李仲は、麗の行いが弱者への深い情とエイ政への愛によるものであると擁護する。一方、田光の容体から、荊軻は丹太子をさらったのは丹頂門だと推測。荊軻一行が消息通の秦舞陽(しんぶよう)を訪ねたところ、高漸離(こうぜんり)と再会する。やがて丹頂門の居場所を突き止めた荊軻一行は、無事、丹太子を救出する。同じ頃、再びエイ政の怒りを買った李斯に、敏夫人は昌平君の慎重さを見習うよう忠告するのだった。

荊軻は麗を忘れられず、泥酔してしまい、蓋蘭に介抱される。気付くと2人は同じ床で寝ていた。高漸離は丹太子と手を切るよう荊軻に忠告するが、荊軻は理解できない様子。韓申は成キョウに帰国を説得するため、家を訪ねる。麗は清児(せいじ)に、幼い頃に出会った少年の話をする。太后は戸惑いながら訪ねてきたエイ政に、麗の嘘は愛ゆえのものだと諭すのだった。朝議で麗の処分について議論が交わされる中、エイ政は途中でやってきた天明を抱き上げて去る。エイ政は麗の解放を決意していた。麗は、敏夫人の謀略を楚良人に話し始めるのだった。

敏夫人の謀略を聞かされた楚良人はエイ政に告発する。そこへ韓申が帰国、麗が投獄されたと知り、激怒する。韓申はエイ政に麗の頼みで成キョウを捜し、成キョウの息子を連れ帰ったことを告げ、傷だらけの麗を抱きかかえ、王宮を出る。同じ頃、邯鄲を発った荊軻一行は、丹太子を無事、燕へ送り届け、燕王から歓待を受ける。数日後、エイ政は韓申と麗の投宿先を訪れ、麗と2人きりで話したいと言うが、韓申は決闘に勝てば認めると言うのだった。

韓申との決闘で負傷したエイ政は、天明を渡すと麗に告げて去る。麗は心を痛めつつ、天明との再会を喜ぶ。鞠武(きくぶ)は丹太子と再会して、麗が永巷にいたことを話し、秦の罪人である樊於期を辺境へ送るよう勧めるが、丹太子は却下する。外で話を聞いた荊軻は麗の身を案じる。エイ政は麗を忘れるため韓に出陣するが、途中ではぐれてしまう。李仲に助けを求められた麗は、韓申にエイ政への思いを告げ、天明を託し韓へ赴く。一方、山中ではエイ政が敵の兵士に囲まれていた。

韓の兵士に囲まれたエイ政を麗が救う。麗はエイ政に蒙武と李仲を大切にするよう諭し、エイ政の無事と南陽で落ち合う旨を李仲に伝える。南陽に着いた麗とエイ政は親切な老婦人から家族を秦軍に殺されたと聞き、言葉を失う。翌日、秦兵に殺された老婦人の遺体を抱き、麗は民を犠牲にしないようエイ政に約束させるのだった。同じ頃、燕では田光は丹太子に秦王暗殺を提言していた。ある日、荊軻と蓋蘭は薊(けい)の街で借金取りに虐げられている親子を救う男を目にする。やがて帰宅した荊軻を大勢の人々が迎える。

エイ政は朝議で韓討伐を言い渡す一方、麗には知らせぬよう命じる。丹太子は秦王暗殺を決行すべく各地から剛の者を集めるが、その1人が丹太子の寝殿で殺害される。秦からの警告だと指摘する丹太子に、荊軻は自分が秦王を暗殺すると告げる。韓申は天明を送り届けた後、麗に別れを告げて去る。趙の存続を麗に懇願する敏夫人であったが、突き放されて逆恨みし、麗を流産させる。悲しみ憤る麗に、敏夫人は天明がエイ政の子だと誓うよう挑発するのだった。

麗は天明がエイ政の子だと言えず、答えに窮してしまう。復位の口添えを求めて麗を見舞った楚良人は、祖太后(そたいこう)逝去の知らせを受け、崩れ落ちる。太后の死期が近いことを悟った麗は、邯鄲へ帰りたいという望みを伝えると、エイ政はこれを承諾。更にエイ政は敏夫人に邯鄲陥落に立ち会わせるべく、趙への出陣に同行させる。同じ頃、嘉公子に見切りを付けた呂不韋は、エイ政と再会を果たすべく、太后に接触を図るのだった。

太后は呂不韋との再会を喜ぶも、呂不韋の頭には策謀しかないと知り、失望して取り乱す。呂不韋は太后を人質にし、麗にエイ政を呼ぶよう命じる。李牧が離間策により自害し、趙軍は壊滅。嘉公子の奮闘むなしく趙王は秦に降伏する。呂不韋とエイ政は再会するが、父子の誤解は解けず、エイ政は呂不韋を殺害。取り乱したエイ政は邯鄲で虐殺を行う。敏夫人は趙王に剣を向けるが逃げられ自害する。呂不韋が殺害されたことに絶望した太后は危篤となる。麗がエイ政を呼ぼうとした時、エイ政が失踪したと知らせが入るのだった。

麗は殺戮(さつりく)の末、独り呆然としているエイ政を見つける。李仲からこのままでは趙の秩序が保たれず、より民がつらい目に遭うと告げられた麗は、自ら軍を率い嘉公子と対峙する。エイ政との確執がなくなり安堵した太后は、息絶えるのだった。一方、荊軻は、二刀流の鵠落剣法を完成させるべく、剣の名匠、徐夫人(じょふじん)から名剣を借り受けることに成功する。丹太子から荊軻の助太刀として秦へ行くよう頼まれた蓋聶は、みすみす死にに行くようなものだと断るのだった。

眠りから目覚めたエイ政は、麗が自分の代わりに兵を率いて嘉公子と戦っていると知り、心を痛める。李仲と落ち合う約束の日を過ぎ、ようやく現れた麗をエイ政は抱きしめる。秦王暗殺のため、荊軻と丹太子は降伏の証しとして、領土の他に樊於期の首を献上する策を立てる。韓申は荊軻の秦王暗殺を止めるため、天明が荊軻の子だと告げる。すべての誤解が解け、後悔と自責の念に駆られる荊軻。しかし樊於期が既に犠牲となった今、もはや後戻りはできなかった。

朝議で昌平君から立太子(りったいし)の進言を受けたエイ政は麗に天明を指名したいと告げる。一方、夫人に復位した楚夫人は昌平君から扶蘇(ふそ)の太子擁立を持ちかけられる。だが、間もなく昌平君の巡らせた諜報網がエイ政の知るところとなってしまう。燕では蓋蘭が秦王暗殺を思いとどまってほしいと頼むも、荊軻の心は変わらない。ある夜、田光は荊軻に秦舞陽が同行する旨を告げ、別れの挨拶をする。その足で太子府へ向かった田光は、秦王暗殺の累が燕と丹太子に及ばぬよう、自ら命を絶つのだった。

諜報網が破られ、罰を恐れた昌平君は、祖国を守る名目で楚夫人に身代わりを頼む。これに応じた楚夫人は、エイ政を信じ切ってはいけないと麗に忠告した後、エイ政に自首する。エイ政は真の首謀者が昌平君だと見破っていたが、昌平君の価値を考え楚夫人を死罪とする。荊軻は丹太子と杯を交わし、丹太子が私怨のために秦王暗殺を企てたことを指摘する。丹太子や高漸離、蓋蘭に見送られ、荊軻は秦舞陽と衛荘(えいそう)を供に、秦へと馬を駆るのだった。

秦王宮に忍び込んだ韓申は、荊軻が燕の使者として入朝し、秦王を暗殺するつもりであることを麗に告げ、王宮から脱出すべきだと説得する。更に、韓申が荊軻に天明の実父が荊軻であることを打ち明けたことを知り、麗は驚く。最初は王宮から脱出することを迷っていた麗であるが、天明は扶蘇を太子に立てるための道具であると話すエイ政の言葉を耳にし、大きな衝撃を受ける。麗は天明を韓申に託し、1人で王宮へ戻るのだった。同じ頃、咸陽(かんよう)到着を目前にした荊軻と秦舞陽の一行に蓋蘭が合流する。

天明を韓申に託して王宮に戻った麗。エイ政に荊軻と天明の命乞いをするが、激怒するエイ政は必ず荊軻を殺すと言い放つ。一方、荊軻一行が咸陽に到着する。秦舞陽もまた、荊軻と共に王宮入りをする覚悟をしていた。清児は、麗からの文を荊軻に届ける。荊軻と蓋蘭が、麗との約束の場所に向かう途中、夏侯央が行く手を阻み対決となるが、そこへ蓋聶が現れて夏侯央を倒し、妻の敵討ちを果たす。長い時を経て再会した荊軻と麗は、固く抱き合うのだった。

麗はエイ政暗殺を思いとどまるよう荊軻を説得するが、荊軻の決心を変えることができない。同じ頃、娘の蓋蘭から天明の出自を告げられた蓋聶(こうじょう)は風林火山を討ち、瀕死の韓申を助ける。韓申は天明を頼むと蓋聶、蓋蘭に言い残し、息絶えるのだった。参内を翌日に控えた夜、麗は荊軻に眠り薬を飲ませるよう清児に命じる。だが、麗の思いとは裏腹に翌朝、荊軻と秦舞陽は予定どおり参内してしまうのだった。

荊軻が参内する頃、麗が目覚めると、部屋の前には侍衛たちが立ち塞がっていた。毒を盛られた荊軻はエイ政との死闘の末、駆けつけた麗の前で絶命する。荊軻に毒を盛り、麗を薬で眠らせたのは清児だった。互いに剣を向ける麗とエイ政だったが、麗は愛する人を失う気持ちをエイ政に分からせるため、故意に剣を受け、エイ政の腕の中で息絶える。いつの間にか、エイ政はあの月夜に身を置いていた。満月に願いをかけた幼い3人の姿は消え、エイ政は独りで杯を掲げた。

まとめ

このページで麗姫と始皇帝~月下の誓い~の動画を1話から最終回まで無料で見る方法などを紹介してきました。

動画配信サイトではU-NEXTがおすすめで、無料トライアル31日間を使って無料でお楽しむことができます。

\ 麗姫と始皇帝を今すぐ見る! /

U-NEXTで今すぐ見る