花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐の動画を無料視聴する方法!日本語字幕で中国ドラマを最終回まで見放題

ドラマ「花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐」の動画をお探しの方!このページではできるだけ簡単にコスパ良く無料で動画をフルで見る方法を紹介します。

宿命に立ち向かう女性・花不棄とイケメン王子の一途な恋の行方に胸キュン。『蘭陵王』のアリエル・リンと『永遠の桃花~三生三世~』のチャン・ビンビンが共演。

結論

花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐はU-NEXTの動画配信で簡単に見ることができます。U-NEXTは国内最大級の配信サービス韓国ドラマの数も業界トップクラスです。

\ 31日間 無料トライアルはこちら /
U-NEXTでラクラク無料視聴!
  • 初月(31日間)が無料で利用できる
  • 有料の作品も登録時に600円分のポイントもらえて無料視聴!
  • 映画や海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメなど種類も豊富
  • 人気のコミックや有名な情報誌の電子書籍が見放題!
  • いつでも解約OK!(トライアル期間中にやめれば0円)

花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐の無料動画

ラビちゃん
ラビちゃん

他にも動画配信サービスを利用して無料で見る方法があるよ♪

花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐の動画を1話から最終回まで配信しているサービス

人気のサービスを比較してみました。
会員登録するだけで簡単に無料視聴できますよ♪

ラビちゃん
ラビちゃん

登録時にタダでもらえるポイント有料作品も実質0円で見れるよ!

動画配信サービス 配信状況 無料期間
無料ポイント
31日間
600円Pゲット
14日間
30日間
30日間
1600円Pゲット
2週間
なし
14日間
1000円Pゲット
30日間
dポイント可
なし
14日間
なし
なし
なし
30日間
なし

なし
ラビちゃん
ラビちゃん

作品数が国内トップで無料期間が一番長いUNEXTがオススメです。

U-NEXTで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を見ることをおすすめします

U-NEXTで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐が1話から最終回まで動画配信されています。

無料トライアルが31日間もあるため、約1ヵ月は他のドラマも含め韓国ドラマざんまいを満喫できますね。
いつでも止めることができますし、期間内でやめればお金がかかることはありません。

お試し期間となりますので、嫌ならやめれますし、気に入ったら継続して利用することができます。

\ 花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を今すぐ見る! /

U-NEXTで動画を今すぐ見る!

U-NEXTは初回31日間も無料で他にもこんなにお得!
  • 初月(31日間)が無料で利用できる
  • 有料の作品も登録時に600円分のポイントもらえて無料視聴!
  • 映画や海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメなど種類も豊富
  • 人気のコミックや有名な情報誌の電子書籍が見放題!
  • いつでも解約OK!(トライアル期間中にやめれば0円)

このドラマを好きな方にオススメなのはこちらのドラマです
白華の姫 ~失われた記憶と3つの愛~
酔麗花~エターナル・ラブ~
如歌~百年の誓い~
皇帝と私の秘密~櫃中美人~
金蘭良縁
楚喬伝 -いばらに咲く花-
孤高の花~General&I~
霜花の姫 ~香蜜が咲かせし愛~

U-NEXTでは花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐以外にも、他の韓国ドラマや映画、国内ドラマもたくさんコンテンツがあるので期間内に楽しめるだけ楽しみましょう!

\ 花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を今すぐ見る! /

U-NEXTで動画を今すぐ見る!

日本語字幕の対応状況

U-NEXTの花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐は日本語字幕に対応しています。
吹き替え版は下記のとおりです。

日本語字幕
吹き替え
日本語字幕の対応状況
  1. 画面中央の「今すぐ31日間無料トライアル」をクリック
  2. お客様情報を入力する
  3. 無料トライアルに申し込むを選択
  4. 決済情報を入力(無料期間内でやめれば決済がされることはありません)
  5. 送信ボタンを押すと完了です(ここまで3分)
  1. メニュー内の「アカウント設定」を選択
  2. 「契約内容の確認・解約」を選択
  3. 「解約手続きはこちら」を選択
  4. 画面下にある「次へ」ボタンをクリック
  5. アンケートに答えたら「注意事項に同意」にチェックをいれ「解約ボタン」を押す
  6. 解約完了

動画投稿サイトで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を見ることができるか調査した結果

人気の動画投稿サイト「youtube」や「ニコニコ動画」で花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を見ることができるのか調べてみました。

動画投稿サイト配信状況検索結果のページ
youtubeyoutubeの検索結果へ
ニコニコ動画ニコニコ動画の検索結果へ
動画投稿サイトの配信状況

投稿サイトは公式チャンネルなどで1話だけ無料で公開されていることが多いです。
ただ、公式ではないチャンネルの動画は違法の可能性があります。
その場合は、投稿した人もそれを見た人も法律によって罰せられるので絶対見ないようにしましょう。

動画配信サイトを使えば安全で簡単に見ることができますので、良い子のみんなは賢く無料トライアルを使って見ましょう。

動画ポータルサイトで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を見ることができるか調査した結果

動画ポータルサイトは、時期やタイミングによって1話から最終回までアカウントの登録すらなしでドラマをみることができる場合があります。
下記のサイトは定期的に動画を無料配信していますので、まめにチェックすることで探していたドラマの動画と出会えることでしょう。
花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐の動画が配信されているか、調査してみました。調査結果は下記になります。

動画ポータルサイト配信状況検索結果のページ
GYAO!GYAO!で「花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐」を探す
TVerTVerで「花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐」探す
動画ポータルサイトの配信状況

動画ポータルサイトで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を見ることができなくても、動画配信サービスの無料お試しを使ってドラマを見ることができますので、こちらの配信状況からお選びください。

>>花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐の動画配信の状況はこちら

BS放送やテレビで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐の見逃し配信はあるのか?

テレビのBS放送や民放の見逃し配信サイトで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を見れないか調べてみました。

放送局見逃し配信
BS11BS11オンデマンド ✕配信なし
BS12見逃し配信はなし
BS日テレ見逃し配信はhuluに遷移
BS TBSTBS free ✕配信なし
BSフジBSフジオンデマンド ✕配信なし
花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐のテレビ・BS放送での見逃し配信状況

BS放送のドラマを見逃してしまった方は、その回だけ見たい場合は手軽な方法はないのか?と思うでしょう!
そんなあなたにおすすめなのは、時間をかけて探すのなら手っ取り早く配信サービスに無料登録して3分後には見ることができます。いつでも止めることができるし、今人気のサービスを賢く利用しましょう!

花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐のドラマ情報

花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐のキャスト

アリエル・リン
チャン・ビンビン
リン・ボーホン
クリス・スン
シン・オン

花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐のストーリー

碧羅天(へきらてん)の宝を得た者が天下を得る。その宝を開けられるのは“聖女”だけ――そんな伝説を信じる者たちが“聖女”を得ようとしのぎを削る時代。聡明で明るい少女・花不棄(かふき)は育ての親である九(きゅう)おじさんと、世間から身を潜める流浪の人生を送ってきた。だがある日、九おじさんに「自分が何者か知りたければ都へ行け」と言われる。そんな中、皇帝の甥・チンイクが父親の私生児の娘を捜すため、花不棄がいる町までやってくる。花不棄はチンイクを利用し、彼の一行について都へ行こうと考えるが、突如謎の刺客に九おじさんを殺されてしまう。悲しみに沈む花不棄へ手を差し伸べたのは、仮面をつけた正体不明の義侠・蓮衣客(れんいかく)だった…。

韓国ドラマ『花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐』の第1話から最終回までのあらすじ

己の運命を知らぬまま、赤子の頃から世を渡り歩く生活を続ける花不棄。家族と呼べるのは、本当の名を捨てた九おじさんと元野良犬の阿黄のみ。おじさんから目立つ行動を禁じられている不棄だが、おじさんの病を治すため隠れて商いに精を出していた。品物を買いつける途中、義侠の悪者退治の場面に出くわした不棄は、蓮衣客と運命的な出会いを果たす。実は蓮衣客は、信王の嫡子であるチンイク。チンイクは父が探している異母妹が不棄ではないかと疑いの目を向ける。

病に倒れた九おじさんはすでに手の施しようがない状況だった。花不棄は霊薬・回春丹に一縷の望みをかけて薬霊荘に向かうが、2粒しかない回春丹は、すでに街で出会った道楽息子・チンイクの手に渡っていた。決して回春丹を譲ろうとしないチンイクに途方に暮れる不棄。しかし蓮衣客が届けてくれた回春丹でひとまずおじさんは回復する。体が動くようになったおじさんは上京を急ぐが、都への道のりは遠い。不棄はあの手この手でチンイクに都までの同行を迫るが…

九おじさんは花不棄をかばい、追っ手の刃に倒れた。不棄も死を覚悟するが、間一髪で蓮衣客に助けられる。追っ手から身を隠すため、小芝居を打って霊薬荘に潜り込むことに。泥を落とした不棄の顔を見て、荘主はその出自に気づく。そんなことなど知る由もない不棄は、妾にされるのではと震え上がる。脱走を試みた夜、霊薬荘に刺客が侵入した。不棄を案じる蓮衣客も現れ、屋敷の中は騒然となる。その巻き添えを食い、阿黄までもが殺されてしまう。

賊が侵入したどさくさに紛れて薬霊荘を抜け出した花不棄。賊を捜索する家職や護衛に追いつかれたため、偶然、その場に居合わせた莫若菲と従者に賊の濡れ衣を着せて自分は姿をくらます。しかし、莫若菲は無実の罪を晴らすために不棄を捜し当て、一緒に薬霊荘に戻って誤解を解けと迫る。薬霊荘に連れ戻された不棄は林満堂から驚くべき秘密を明かされた。不棄に対する林荘主の待遇が急に変わったのは側室にするためではなかったのだ。

訳も分からず薬霊荘の令嬢になってしまった花不棄。信王の命を受け、王と薛菲の間に生まれた娘を捜しに西州府へやってきた莫若菲は、林荘主に取り引きを持ちかける。明月山荘の支配から逃れたい林荘主は不棄を莫若菲に託す。不棄は九おじさんの墓前に参り莫若菲と都へ向かうことに。だが道中、明月山荘の刺客に襲われる一行。間一髪のところで蓮衣客が現れ不棄を救出するが、不棄はおじさんの形見の鉢がないことに気づき…。

負傷した莫若菲を連れ莫府に到着した花不棄。莫府にやってきた不棄を見て莫夫人は驚愕する。その頃信王府では、信王が娘を捜していると聞きつけた者たちが我こそはと名乗りを上げていた。チンイクは莫府を訪れ、本物の娘であれば殺すと不棄に脅しをかける。一方、信王は阿福と莫府から送られてきた不棄の血を調べる。実は信王は碧羅天の地図と聖女を捜していたのだ。不棄を聖女・薛菲の血を継ぐ娘と踏んだ信王は、不棄を屋敷へ迎えるべくチンイクや甘妃を説得するが…。

しびれを切らした信王が、とうとう莫府を訪れた。母親とは似ても似つかぬ性格の花不棄だが、その姿に薛菲の面影を重ねるのだった。しかし感動の対面を阻むがごとくチンイクが現れる。チンイクは腹違いの妹の存在を拒むあまり、冷たい湖水に不棄を容赦なく突き落とす。結局、不棄は王府に迎え入れられず、代わりに莫府の令嬢として莫府に住むことになる。しかし莫夫人は、かつて夫の心を奪った薛菲を心の底から憎んでおり、娘の不棄を亡き者にしようと企てる。

莫府で暮らし始めた花不棄は、毎日運ばれる汁に莫じいが毒を入れていることに気づく。莫若菲は優しいが、莫府も不棄にとって安全な場所ではないようだ。一方、天門関での暗殺に失敗した柳明月は今度こそ不棄と若菲を殺すため、柳青妍を莫府に送り込むと同時に、薬霊荘には柳青蕪を遣わして明月山荘を裏切った林満堂を殺させる。青蕪が林玉泉と林丹沙に刃を向けた時、蕭九鳳が現れ、命と引き換えに莫府に潜入し不棄を守れと兄妹に言い渡す。

大晦日にまたも何者かに命を狙われた花不棄。父の信王に代わって莫府へ見舞いに来たチンイクと口論になり、形見の鉢をチンイクに奪われてしまう。その頃、飛雲堡の後継者であり莫若菲の従弟でもある雲琅が莫府を訪れていた。そこへ不棄が失踪したとの報告が入り、莫府は大騒ぎに。不棄は気絶したところを発見されるが、雲琅は不棄の正体を知り驚きを隠せない。一方、信王府に戻ったチンイクは皇帝に官庫の管理を引き継ぎたいと申し出るのだった。

信王から花不棄の件を強く訴えられたチンイク、ついに不棄を迎えることに同意する。その不棄は莫府で雲琅と再会、大ゲンカになるが1人になった隙に莫府から抜け出し、九おじさんの言い残した興源質店へ向かう。しかし興源質店には“赤殿”はおらず、不棄は番頭から追い返されてしまう。鉢を取り返しに信王府へ向かった不棄は、莫若菲に見つかり莫府へと連れ戻されるがそこへ甘妃の迎えが到着。いよいよ不棄は信王府に入ることになるが…。

とうとう信王府に入った花不棄は、九おじさんの形見の鉢をチンイクから取り返す。そしてやってきた灯籠祭りの夜。意匠を凝らした灯籠が人々の目を楽しませる。皇帝と信王はそろって明月山荘の優勢を予想するが、莫若菲を勝たせたい不棄は面白くない。不棄は明月山荘の船に乗り込んで邪魔をするが、そのうち、明月山荘の舞い手が天門関で襲ってきた賊の首領に似ていることに気づく。また不棄は知らなかったが、その舞は母である薛菲が独自に振り付けたものだった。

薬霊荘を逃げ出した林兄妹が莫府に救いを求めてやってきた。快く屋敷に置いてやる莫若菲だが、2人は明月山荘の内偵ではないかと疑念を抱いていた。一方、王府では倒れた信王に舞を見せるため、チンイクが灯籠祭りの明月山荘の舞姫・柳青蕪を連れ帰る。青蕪が天門関の刺客だと考える花不棄は、あえて青蕪に喧嘩を売って刺客と同じ痣が胸にあるのを確かめる。刺客であることは確かめたものの、武術の腕が立つ青蕪に蹴られた不棄は倒れてしまった。

信王の治療を申し出た明月山荘の柳明月、自分は薛菲とは異母姉妹であり、数カ月延命する代わりに薛菲の骸を見せると信王に持ちかける。柳明月の目的は莫府から官銀流通権を奪い、莫府を倒すことだった。一方、花不棄は王妃の命日を理由に莫府への里帰りをチンイクに頼み込む。戻ってきた不棄を歓迎する莫若菲だったが、そのそばにいた新たな侍女・青児の存在に不棄は疑念を抱く。その頃、不棄に謝れずにいた雲琅はある趣向を巡らし…。

信王府の従者をまいて逃げ出した花不棄、興源質店を訪れ番頭に鉢を見せるが、番頭は何の反応もしなかった。失望した不棄は質店をあとにするが、追いかけてきた番頭がある詩の一句をつぶやく。それは九おじさんの自作の詩だった。番頭である朱福の話から、九おじさんが江南朱府の九代目であることを知った不棄は朱府へ行く約束をして別れるが、突然柳青蕪の襲撃を受けてしまう。そこへ蓮衣客が現れて不棄を助けるが、背中に矢傷を負い…。

一向に回復しない花不棄を案じ、チンイクは蓮衣客として莫府を訪れる。不棄の想いを知った今、もはや会い続けるのは難しい。身を切る思いで別れを告げ、涙に暮れる不棄を置いて去るのだった。それでも、不棄のために咳に効くという蛇胆を集めさせていた。それに気づいた雲琅は、不棄への恋心をはっきりとは自覚しないものの、自ら山に入って蛇を捕らえ始める。一方、碧羅天の宝を欲する信王は、柳明月との会話に一筋の光明を見いだしていた。

信王は莫若菲を王府に呼び、官銀流通権は明月山荘に渡すと明かす。がく然とする莫若菲だが信王には、ある考えがあった。まだ病が治らず、床にふせっている花不棄。夜更けに目覚めると、兎の灯籠に火が入っていた。蓮花客が来たことを悟った不棄は庭に出て「姿を見せるまで待つ」と呼びかける。現れた蓮衣客の手を握り、想いを伝える不棄。しかし蓮衣客は、その手をそっと振りほどいた。この時、不棄は蓮衣客の右手に見覚えのある傷があることに気づく。

莫若菲が毒に倒れたと知らせを受けた花不棄。林玉泉は余命3日と告げるが、実は莫若菲は毒に侵されておらず信王からの指示であった。だが事情を知らない莫夫人は積年の恨みを爆発させ、不棄が信王ではなく自分の夫・莫白行の娘であることを不棄に告げ、無理やり毒の汁物を飲ませる。自分がチンイクと兄妹でないことを知り、不棄は幸せをかみしめながら意識を失う。そんな瀕死の不棄を見つけた雲琅の前に小蝦が現れる。小蝦は不棄に仮死薬を飲ませて…。

莫夫人と莫じいに毒を盛られたことを周囲に黙ったまま仮死状態に陥ってしまった花不棄。しかし蓮衣客に贈られた灯籠を握りしめていたことで、下手人は蓮衣客ではないかというあらぬ疑いを招くことになる。不棄が死んでいないことを知っている雲琅は、無事に都から逃してやるために寝ずの番をして不棄に付き添っていた。一方、不棄が死んだと誤解したままのチンイクは、友人の元崇の屋敷で酒をあおり、つらい胸の内を吐露するのだった。

花不棄は仮死状態で蘇州府へと運ばれ、見送る雲琅は再会を願って言づけを託した。葬儀の参列を禁じられたチンイクは、墓地を探して山中を駆け回る。悲しみに暮れる中、兎の灯籠に書き残された生まれ月を見て、不棄が実の妹でないことに気づく。棺を開けると骸がなく、不棄の生存に希望を抱くのだった。しかし不棄の体を侵す毒は抜けず、どんな医者も匙を投げるありさまだった。そんな時、蘇州府にふらりと神医が現れる。その名をトウホウセキと言った。

蘇州府の大商家・朱府で新たな人生を始める決意をした花不棄。祖父である朱八華から、九おじさんは実の伯父・朱九華であり、不棄の母である薛菲は九華の妹だと告げられる。また、菲が生まれる前に、正体不明の男といずれ娘が生まれたら嫁がせる約束をさせられたこと、しかし菲が誕生したことを隠し約束を反故にしていたことなどを聞かされる。九おじさんが苦労をして自分を守り続けてくれたことを知り感謝する不棄だが、新たな謎を抱えることに…。

朱八華から多額の借金があることを聞いた花不棄、明月山荘に復讐するため朱府に残ることを決意する。頼もしい不棄の姿に湧き立つ朱寿たち。不棄は朱府の孫娘の存在をよく思わぬ者たちをあぶり出すため、小蝦を孫娘に、自分は侍女に扮して蘇州府を散策する。一方、信王の病状はますます悪化していった。チンイクは若い神医がいることを聞きつけ、元崇と蘇州府の靖王世子を頼る。時を同じくして侍女に扮した不棄も靖王府が営む店を訪れてた。

不棄たちを助けようと、元崇は勇ましくゴロツキに向かっていったが、あえなく返り討ちにあってしまう。仕方なく加勢した小蝦に元崇はひと目惚れ。小蝦が朱家の孫娘だと誤解した元崇は、靖王世子に頼み込み朱府を訪れる。不棄の機転で男2人との面会は免れたものの、見舞いに訪れた大おばたちを追い返すわけにもいかず、不棄はさらなる策を弄することに。何とか難を逃れた不棄だったが、何者かの密告により靖王側妃の九おばが戻ってきて…

小蝦にひと目惚れをした元崇は、恋しさ募って忍び込んでくるものの、冷たく追い払われてしまう。そんな中、朱府の借金を減らそうと知恵を絞る花不棄。贅沢ばかりする祖父を脅しつつ、策を講じる。貧乏人への貸し付けを始めたり、おばたちに渡る銀子を見直して出資を仰いだり、着々と家計を立て直してゆく。ある日、花火を買った客が負傷し、トウホウセキが患者を連れて店に現れる。手際よく事を納めた花不棄に、トウホウセキは興味を惹かれるのだった。

チンイクは信王に、花不棄は信王と血のつながりは無く、実は今も生きていると告げる。しかし信王はすでに知っていた上に彼女は碧羅天の聖女だと明かしチンイクを驚かせる。聖女を利用して天下を取れと言う父にチンイクは反感と怒りを覚える。信王に碧羅天への案内を命じられた柳明月だが、一行がたどり着けないように策を講じる。しかし自分の命を狙う柳青蕪の存在には気づいていない。一方、蕭九鳳を尾行した阿福は、ついに碧羅天の入り口の間近まで来たが…。

蕭九鳳から地図の半分を奪い都に戻った阿福。皇帝に地図を渡し、人質として監禁されている妹・張妃に碧羅天への同行が許されたことを伝える。その頃、信王はもう虫の息だった。看取りに来た皇帝に対し、チンイクに封地を与えてほしいと訴え息絶える。皇帝はチンイクを東平郡の郡王に封じるが、ひそかに明月山荘と碧羅天との関わりを調査させる任務を与える。一方、チンイクの東平郡行きを知った花不棄は、東平郡の茶を売り出すことを思いつき…。

お披露目の宴に変装して潜り込んだチンイクは、突如現れた朱府の孫娘朱珠が花不棄であることを確認し、不棄を二度と危険な目に遭わせないと心に誓う。そんなことなど知る由もない不棄は、自分の無事を何とかチンイクに知らせようと、小蝦に会うために朱府に忍び込んだ元崇に、友人の生年月日を蓮衣客に伝えてくれるよう頼む。そんな中、朱府の店の視察に出かけた不棄が、酔一台で元崇たちとお茶を飲んでいる最中にトウホウセキに連れ去られ…。

花不棄の想いを知り、蓮衣客に敵意を向けるトウホウセキ。屋敷に戻された不棄は、蓮衣客に賞金を懸けて危険を知らせようとした。しかし、そのことに怒った元崇が蓮衣客に扮して街を練り歩き、人々の注目を浴びる。蘇州府を訪れていた雲琅が噂を聞きつけ、偽者の蓮衣客と決闘を果たすが、チンイクが裏で助けたため敗れてしまう。その手並みに気づいたトウホウセキは、好敵手を得たとほくそ笑む。そして朱府との縁談がまとまるよう、強引に事を推し進めていく。

ついにチンイクは花不棄の前に姿を現した。2人はつかの間の逢瀬で想いを確かめ合い、チンイクは今回の封爵で明月山荘を調査する任務を帯びていることを明かす。任務を終えたら蘇州府で一緒に暮らすと約束して旅立っていくチンイク。不在が露見せぬよう急いで韓業らに合流すると、ずっと柳青蕪が謁見を願い出ていると聞かされる。部屋に呼び入れると、柳青蕪はチンイクにある策を持ちかけた。芝居で油断させて柳明月を暗殺するというその策とは…。

任地の東平郡に到着したチンイク。着任するや柳明月が送り込んだ家職を即座に斬り殺し、柳青蕪との親密さを演出して柳明月が主と接触するよう仕向ける。その意図を読み取った柳明月は、チンイクを西の洞窟におびき寄せるが、青蕪が身を挺してチンイクを助ける。再三の失態を蕭九鳳に知られることを恐れた柳明月は、明月山荘には戻らず姿を消すのだった。一方、蓮衣客の行方を追うトウホウセキは、元崇と白漸飛が蓮衣客につながる鍵と踏み一計を講じる。

本物の蓮衣客をおびき出すおとりとして、トウホウセキに捕まった元崇たちだったが、小蝦の機転でうまく逃げ出すことに成功する。蓮衣客は朱府にいるという小蝦の言葉を真に受け、嫉妬にかられて朱府に忍び込んだトウホウセキは、庭の仕掛けで負傷して気を失ったところを花不棄に拘束されるも、簡単に枷を解いてしまう。深夜、報復のため不棄の寝室を襲ったトウホウセキだったが、それを見越していた不棄は捕吏たちを呼んで寝室を取り囲んでいた。

ついに花不棄と再会した雲琅。涙ながらに去る林丹沙を引き止めることもできず、朱府へと向かう。不棄に毒を盛ったのが莫夫人と知らされ、気が動転する。一方、トウホウセキに訴えられたものの、負けじと訴え返した不棄。店を閉めると言わせたまではよかったが、在庫の処分市がいつまで続くか分からない。借金返済のめどが立たず頭を悩ませる朱府の元にトウホウセキがもうけ話を持って現れる。不棄が食事と遊びにつきあえば大金を払うと言うが…?

トウホウセキの屋敷を訪れた花不棄は隠し部屋に捕らわれた雲琅と丹沙を目にする。トウホウセキの前に跪き、涙ながらに2人の命乞いをする不棄。しかし、その涙にほだされたトウホウセキが2人が開放すると、不棄はたちまち態度を一変させて悪態をつき始めた。そんな不棄をトウホウセキはますます好ましく思う。朱府に戻る途中、街を散策する不棄に狙いを定める黒雁。暗器が放たれ不棄は重傷を負うが黒雁の暗器は命中してはいない。暗器を放ったのは何者なのか?

トウホウセキに捕らわれるも解放された雲琅は林丹沙と莫府へと戻ってくるが、莫夫人が花不棄を毒殺しようとしたことで莫若菲を責める。そして改めて林玉泉に林丹沙を娶りたいと告げるのだった。その頃、金鍼が体内に残っている芝居をしていた柳青蕪は、密かにチンイクが護衛する中、柳明月の潜む巣窟へと出向く。一方、西楚州を目指す花不棄と朱寿は、賭博道具を高額で売りつけ賭場をあとにするが、トウホウセキの追っ手はすぐそこまで迫っていた…。

トウホウセキの追跡を振り切って登州へたどり着いた花不棄と朱寿は、砂漠にある龍虎客桟でひと晩を過ごすことにする。だがその夜、トウホウセキが追いかけてきたため、宿の女将に頼んで秘密の抜け道から逃がしてもらうも、トウホウセキは女将を脅して次の行き先を聞き出す。次に2人がたどり着いたのは、盗賊の営む宿だった。すんでのところで難を逃れた不棄が砂漠で朱寿を待っていると、そこにトウホウセキが現れる。不棄はトウホウセキと行動を共にすることになるが…

トウホウセキと砂漠をさまよう花不棄。果物のなる木を見つけて喜び合った直後、思いがけずチンイクと再会する。盗賊を捜しに砂漠を訪れたチンイクが折よく通りかかったのだ。初対面を装うものの、親しげにほほ笑みを交わす。トウホウセキは仲のよい2人を目の当たりにし、いらだちを募らせる。図らずも砂漠で恋の鞘当てが勃発するのだった。湖に行き着くと、不棄は水浴びを口実に2人を下がらせ、トウホウセキの水筒にしびれ薬を入れる。そこへチンイクを捜す柳青蕪も参入し…。

柳青蕪とチンイクはいつのまにか名前で呼び合う仲になっていた。しかも、チンイクはただの友人だと言いつつも負傷している青蕪に常に気を配っている。いったんはチンイクの言葉を信じることにした花不棄だが、重傷の青蕪に一晩付き添うチンイクが誘惑されはしないかと気が気ではない。朝になっても部屋から出てこない2人にイライラしながら様子を見に行くと、なんとチンイクは青蕪と同じ寝台で眠っていた。傷ついた不棄は思わず砂漠へ飛び出していくが…。

盗賊に捕らわれた花不棄。賭け術を馬大胡子に教えることで監禁を解かれるが、盗賊たちと賭けに興じているところを柳明月に目撃される。しかし機転を利かせて顔を汚した不棄は正体を見破られることなく難を逃れる。一方、根城に侵入したチンイクはようやく不棄を見つけ、柳青蕪との誤解を解く。2人は根城からの脱出を図るのだった。その頃、トウホウセキは柳明月に命じて不棄とチンイクを捜索させるが、一向に見つからないため自ら根城に火を放ち…。

チンイクを盗賊の根城に残したまま、トウホウセキに救い出された花不棄は、西楚州の城門で小六と韓業に再会する。花不棄に渡された盗賊の見張りの配置図を手に、韓業は関将軍と共にチンイクを救出するべく盗賊の根城に向かう。一方、花不棄が無事であることを知らない朱寿は、トウホウセキに100万両で花不棄の救出を依頼し、その手付金を稼ぐために銷金窟へとやってくるが、すべてはトウホウセキのたくらみによるものだった。だがそこにチンイクと花不棄が現れる。

花不棄の機転によって賭けに勝ち、100万両は帳消しとなった。浮かれ気分で東平郡王府に足を踏み入れる不棄だったが、そこには柳青蕪の姿が。明月山荘がトウホウセキの部下に滅ぼされ、命からがら逃げてきたのだ。哀れを装う柳青蕪に我慢がならない不棄は、チンイクとの密会を知って怒り心頭、街に出て物乞いを始める。そこへ現れたトウホウセキから愛を告げられてもどこ吹く風。チンイクはどうにか不棄を郡王府に連れ帰ると、阿福を案じて小丘林へ向かう。

小丘林で深手を負った阿福は聖珠と地図をチンイクに託して息を引き取った。一方、チンイクの安否を気遣う花不棄のもとには「朱八華危篤」の知らせが。萍児が雇った刺客が待つとも知らず、急ぎ蘇州に向かう不棄と朱寿。トウホウセキの登場と駆けつけたチンイクによって不棄はからくも郡王府に戻ることができた。郡王としての行動に矛盾が露呈したチンイクは、当分身を隠す必要があると不棄に話す。しかし、その矢先に謀反の罪で都へ護送されることになってしまう。

謀反の罪に問われ西楚州の牢へ護送されたチンイク。事情がつかめないトウホウセキたちは皇帝の出方をうかがうが、実は花不棄と生きるためにチンイクが考えた策だった。そのチンイクの前に皇帝の特使として白漸飛が現れ、蓮衣客だったことを不問に付す代わりに逆賊と不棄の関係を調査するよう命じる。一方、チンイクと朱寿が捕らわれたことを知った不棄は知府に助けを求めに行くが、白漸飛から保釈金を払い朱府の商いに関与させるよう条件を突きつけられ…。

小蝦と共に、捕らわれているはずのチンイクの情報を牢の前で探っていた花不棄だったが、柳青蕪の罠にはめられ妓楼に売り飛ばされそうになる。袖に仕込んでいた弩で柳青蕪を撃ち逃げ出した不棄。逃げる最中に狼狽のあまり馬から落ちそうになったところをある男に助けられるが、自分が人を殺したことへの衝撃で気を失いトウホウセキの客桟へ運ばれる。店へ戻った不棄はお礼を言うためその男を呼ぶが、手に傷があることに気づく。そしてその夜…

逆賊を討つため護送車を襲わせる策を講じたチンイクだったが、十分な兵力が集まらず失敗に終わった。火矢を射かけられ、崖下に姿を消す。チンイクを案じる花不棄の前にトウホウセキが現れ、黒焦げの骸を運びこませる。その手にはチンイクと同じ傷痕が残っていた。悲しみに暮れる不棄を連れ去ろうとするトウホウセキ。しかし碧羅天の宝を得るには聖女を生け贄にすると知り、不棄を残して去るのだった。そんな不棄の前に匈奴人が現れ、2人は強く抱き合う。

飛雲堡の馬疫は皇帝に軍馬を納めさせぬための蕭九鳳の策略だった。軍馬が納められなければ取り潰されると脅しつつ、蕭九鳳はうまみを提示して飛雲堡を味方に付けようとする。結局、飛雲堡は朝廷に背いて誠王の孫の擁立に力を貸すことに。一方、山中に身を潜めたチンイクと花不棄は、朱八華の到着を待ちながら、ひとときの穏やかな時間を過ごしていた。しかし幸せな日々もつかの間、白漸飛が朱八華を都に連れ去ったという知らせが入る。

朱八華を救うために都へ潜入したチンイクだったが、皇帝から碧羅天の地図と聖珠を渡すよう迫られ短刀で胸を刺される。一命を取り留めたチンイクは、元崇に薬酒を届けさせ、白漸飛に注意するよう伝えるのだった。一方、皇帝の妃となった柳青蕪は、皇宮に監禁されているチンイクにひそかに会いに行く。そして花不棄がチンイクにかくまわれていると踏み、皇帝にある策を献上する。その頃、チンイクの身を案じる花不棄は隠れ家を抜け出して都へと向かうが…。

皇帝に会ってチンイクと朱八華の助命の嘆願をするため、自ら官兵の前に名乗り出た花不棄。蕭九鳳の兵に襲われ逃げたところを運よく莫若菲と出会い、莫家の馬車で都入りすることに。その道中、誠王の孫が謀反を起こしたという情報を耳にする。不棄たちが莫府に到着したところに、官兵が現れる。隠し部屋に逃げ込んだ不棄たちだったが、莫夫人と剣声が相次いで命を落とす。何とか逃げ出した不棄と若菲が、追っ手を逃れるために取った作戦は…

チンイクと朱八華を救おうと皇宮へ乗り込もうとした花不棄だったが、逆賊の軍営で足止めを食らう。逃亡を試みて負傷すると、手当てをしに来た林丹沙と再会する。雲琅の心がいまだ花不棄にあると知り、深く悲しむ丹沙。しかし愛する人のため不棄の逃亡を手助けすることに。そこに蕭九鳳が現れ、聖珠と地図の在りかを白状しない不棄に毒薬を飲ませる。トウホウセキは毒消しを求めて祖父と対立する。一方、皇宮では柳青蕪も愛のために決意を固めていた。

賊軍との決戦を前にチンイクは逃亡した。皇帝は見せしめとして朱八華の首を斬り、その亡骸を城壁にさらす。偽者の不棄でトウホウセキをおびき出し一網打尽にしようともくろむ皇帝。救出に向かった小蝦は矢を受けて重傷を負う。トウホウセキを前に勝算がないと見た配下らはチンイクに投降を勧める。チンイクは断固として拒絶するが不棄と元崇が軍営にいることをほのめかされ投降を決意する。トウホウセキ配下の将軍となったチンイクは軍営で不棄との再会を許されるが…。

トウホウセキに降ったチンイクは花不棄に罵倒されるが、この投降は叛徒たちの内情を探るためにチンイクが皇帝に進言した一計だった。チンイクを完全に信用していないトウホウセキは、難所である徐州を守るチンイクの叔父・常寛に投降の説得するようチンイクに命じる。一方、柳青蕪は皇帝の指示どおり、チンイクと連携して叛徒の裏をかくべく徐州へ向かっていた。その柳青蕪のもとへトウホウセキの命を帯びた柳青妍が訪れる。だが青妍は任務を遂行せず柳明月の真の姿を告げる。

チンイクと常寛の策略にはまり、はやり病で多くの戦力を失ったトウホウセキは、常寛の挙兵により徐州を追われることとなる。花不棄を連れ逃げるトウホウセキは、その夜、つらい胸の内を不棄に打ち明けるが、次の朝、病に倒れてしまう。置いて逃げるわけにもいかず、看病する不棄。一方、蕭九鳳は、ついに碧羅天の地図と聖珠を手に入れる。回復したトウホウセキは、不棄たちと共に廃墟の村にたどり着くが、莫若菲はトウホウセキへの不満を募らせていくのだった。

賊軍は大敗を喫した。追い詰められた蕭九鳳によって花不棄が天に捧げられるのを阻止すべく、婚儀を挙げようとするトウホウセキ。最初は拒んだ不棄も、戦を終わらせるために求婚を受ける。新郎新婦が酒を交わすさなか蕭九鳳が現れ、婚儀の場は激しい斬り合いで血に染まる。蕭九鳳は聖女の不棄を連れ、碧羅天の地を目指す。不棄を取り戻すために、チンイクとトウホウセキも蕭九鳳の後を追って伝説の地に向かい…。

まとめ

このページで花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐の動画を1話から最終回まで無料で見る方法などを紹介してきました。

動画配信サイトではU-NEXTがおすすめで、無料トライアル31日間を使って無料でお楽しむことができます。

\ 花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐を今すぐ見る! /

U-NEXTで今すぐ見る